宇宙などで鋼球が使われている

宇宙などで鋼球が使われている

色々な鋼球が様々な業界で利用されていますが、機械部品を作り出していく時に利用される工作機械であったり、工場において重要な生産ラインなどで活用される製品の製造用のロボット、さらに超高層ビルなどを建設する際に活用される大型クレーンなどで活躍しています。
産業機械には鋼球が必要不可欠なパーツで、回転する部分であったり動作する部分で多く使われています。

さらに鋼球は、宇宙関連でも大いに活躍しています。
例えば天気予報であったり衛星放送、さらに車に搭載されているカーナビにおいて位置情報などを把握する際には、宇宙より人工衛星を利用します。

鋼球はここでも使われていますが、宇宙は地球よりも小さい重力となっているだけでなく高真空、さらに宇宙において放たれる放射線や温度範囲なども広くなっています。
これらの地上とは大いに異なっている環境の中で、要求される特性なども地上と異なっていきます。

衛星において利用される姿勢制御用のホイールでも鋼球は使われていますが、真空となっている宇宙空間において僅かな潤滑油のみで長期間滞在していきます。
振動が回転となっていきますが、観測をする際に影響を与えないようにしっかりと働いています。

最新投稿

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。